カバー力のあるファンデーション 40代

40代の顔のシミを薄くする方法!

顔のシミを薄くする方法とは?

 

シミは大きく分けると4つの種類があり、
そのタイプによって、ケアの方法も異なります。

 

そのため、まずは自分のシミのタイプを知って、
自分に合った、シミケアを行うことが大切です。

 

 

老人性色素斑

 

□急にシミが増えた
□普段ファンデーションをあまり塗らない
□20歳をすぎてから日焼けしたことがある
□少し盛り上がっているシミがある

 

年を重ねることでできてしまう、
もっとも多いタイプのシミ。
紫外線の影響もあります。

 

色は、薄い茶色から始まって、どんどん濃く、
シミがハッキリしてきます。

 

ある日突然できたように思いますが、
実は肌の下に蓄積された紫外線の影響が、
肌の表面に現れただけです。

 

主に40代に入ると目立ってきます。

 

特徴としては、左右対称ではなく、
できる位置は、頬骨の高い位置からできることが多いです。

 

大きさは、数ミリから数センチまであり、
丸い色素斑です。

 

 

老人性色素斑のセルフケア法

 

ビタミンC誘導体+イオン導入器

 

でき始めの、薄い茶色の場合は、
ビタミンC誘導体を使います。

 

ビタミンC誘導体は、メラニンの一部を淡色化する効果や、
メラニンを作る働きを抑える効果があります。

 

サプリメントでビタミンCを摂るのも良いですが、
なかなか肌まで届きませんので、直接塗るほうが効果があります。

 

また、ビタミンC誘導体はイオン導入すると、
約20倍も浸透率が上がり、効果がアップするので、
イオン導入器との併用がシミを薄くする近道です。

 

 

 

肝斑

 

□30代後半から50代で突然できた
□左右対称にある
□妊娠中・ピル服用・更年期にできた
□広い範囲で薄い茶色や灰色のシミがある

 

女性ホルモンと深く関わりがあるシミで、
30代〜50代までに多く見られます。

 

特徴は、頬骨から目尻までに左右対称にでき、
色は、薄い茶色から濃い茶色や、灰色みたいに見えるものもあります。

 

たまに、おでこや鼻のしたにできる人も。

 

女性ホルモンが影響しているので、
妊娠や、更年期、また、ピルを服用している人も、
肝斑ができやすい傾向にあります。

 

肝斑には「トラネキサム酸」という内服薬が、
有効だと言われています。

 

市販薬であるのは「トランシーノ」や「トランサミン」という
商品名が有名ですが、トラネキサム酸は止血剤なので、
血栓ができやすくなるという副作用もあります。

 

服用する場合は、注意をよく確認しましょう。

 

 

肝斑のセルフケア法

 

ピーリング+美白化粧品

 

肝斑のケアは、ピーリングでターンオーバーを整え、
美白化粧品でケアを行うと、改善効果がアップします。

 

最近は、手軽に使えるピーリング剤があり、
セルフケアでも優しく行えるものもたくさんでています。

 

でも、キチンと選ばないと、刺激のあるスクラブ入りもありますので、
肝斑を悪化させないよう、優しいものを選ぶことが必要です。

 

また、肝斑の場合は、市販の美白化粧品は効きませんので、
美容クリニックで処方される「ハイドロキノン」が、
配合されているものをオススメします。

 

 

 

 

炎症性色素沈着

 

□よく大人ニキビができ治りにくい
□大人ニキビ痕や虫刺され痕が消えない
□普段メイクをしない日が多い
□スキンケアで肌をついついこする

 

虫さされや、ニキビの炎症が治まったあと、
色素沈着によってできるシミで、年齢問わずできてしまいます。

 

色は、薄い茶色から濃い茶色や青っぽく見えるのもあり、
ニキビ痕や虫さされ痕も炎症性色素沈着です。

 

通常、炎症性色素沈着は、炎症がおさまると消えることが多いのですが、
紫外線を浴びてしまうと、そのまま残る場合があります。

 

シミが濃くなる前に早めのシミケアを行いましょう。

 

 

炎症性色素沈着のセルフケア法

 

ピーリング+ビタミンC誘導体

 

炎症性色素沈着に効果的で早いのがピーリングです。

 

とはいえ美容皮膚科ほど即効性はないですが、
自宅でセルフケアができるのが良い所です。

 

青く見えるのは、メラニン色素が真皮まできている可能性が・・・、
改善には少し時間がかかりますが、ピーリング+ビタミンC誘導体で効果アップです。

 

炎症性色素沈着のうえに紫外線を浴びると、
シミは消えにくくなるので、日傘やUVカットファンデーションなどで、
紫外線対策をバッチリしておきましょう。

 

 

 

そばかす(雀卵斑)

 

□小さい頃からできはじめた
□シミの形は三角や四角
□鼻を中心に頬にかけてできる
□肌は色白

 

そばかすは、遺伝的な要素が多く、小さい頃からでき、
10代の思春期頃に、目立ちはじめます。

 

色は薄い茶色で、頬や鼻を中心に、
直径数ミリ以下のものが広範囲にわたってできるのが特徴。

 

また、厳密にはシミではありませんが、
紫外線を浴びると濃くなってしまいます。

 

シミの形は丸というより、三角形や四角形で、
色白の方に多く見られます。

 

 

そばかすのセルフケア法

 

ピーリング+美白化粧品

 

そばかすは遺伝的な要素が強いため、美白化粧品などでは、
完全に消すことは難しいです。

 

でも、思春期を過ぎて紫外線の影響で濃くなったものは、
ピーリングや美白化粧品で、そばかすを薄くすることが可能です。

 

肝斑と同様に、美白成分は改善効果のある
「ハイドロキノン」が配合されたものが効果的です。

 

カバー力のあるファンデーション

 

いずれのシミもセルフケアで少しは改善しますが、
今すぐに治したいと思っても、時間がかかるものです。

 

そんな「今すぐ!」という時には、
カバー力のあるファンデーションを利用して、
キレイにシミを隠してしまいましょう!

 

40代は、シミの予防やセルフケアも大事ですが、
毎日キレイで若々しくいたいもの。

 

カバー力のあるファンデーションなら、
朝のメイクでキレイに若見えさせてくれるので、
40代になっても、女子力をキープできますよ。(*^_^*)