カバー力のあるファンデーション 40代

40代は活性酸素と闘おう!!

諸悪の根源は活性酸素!

 

人間生きていくためには、酸素が必要です。
呼吸により酸素を取り入れ、生命活動に必要な、
エネルギーを生み出しています。

 

体内に取り入れられる酸素は、
当然、活性酸素を生み出す原因となります。

 

呼吸した酸素の、およそ2%が、
活性酸素になると言われています。

 

活性酸素は免疫上重要な働きをします。
それは、体内に侵入した毒素を、殺菌・除去する白血球の、
免疫システムを助ける働きをするからです。

 

また、全身組織や臓器機能の調整を行う、
ホルモンの合成にも貢献します。

 

活性酸素が体に害を及ぼすのは、体内で分解される、
限界を超えて、活性酸素が発生する時です。

 

分解されてない活性酸素は、血液内の脂肪酸や、
タンパク質と結合し「過酸化脂質」という物質に変質します。

 

これが、多くの病気を引き起こす、原因となるのです。
老化の進行も早めます。

 

不安定な分子構造をもつ物質「フリーラジカル」
と呼ばれる強い酸化力があります。

 

体が酸化されると、肌のシミやそばかすが出てきます。

 

脳細胞が酸化されると、脳梗塞やボケを引き起こし、
内臓が酸化されると、正常なタンパク質ができなくなり、
また、細胞分裂の異常事態を引き起こし、
がんの発生も引き起こします。

 

細胞の酸化は、病気の温床となり、
アンチエイジングの最大の敵となります。

 

活性酸素は、老化と深く関わっているのですが、
人により老化のスピードが違ってくるのは、
体内での活性酸素の量に、深く関係してくるのです。

 

ですから、老化への対抗力を強化するためには、
この活性酸素と戦うパワーを、作り出すことが重要となるのです!

 

 

現代社会は活性酸素の発生要因がいっぱい

 

現代社会は、活性酸素を増殖する条件に満ちています。

 

 

紫外線

 

紫外線は真皮まで浸透して、活性酸素を発生させ
コラーゲンやエラスチンといった、
肌の弾力を保つ物質を、変化させ、しわの原因になります。

 

肌は、活性酸素による酸化を防止するために、
メラニン色素を作り防御しようとします。

 

メラニン色素は、日焼け肌となりますが、
紫外線の刺激がなくなると、代謝により角質層から消えていきます。

 

しかし、メラニン色素が代謝しきれずに残ると、
シミになってしまいます。

 

 

大気汚染

 

排気ガスから排出される、窒素酸化物は、
体内で、大量の活性酸素を発生させる、要因となります。

 

汚染された大気は、喉の粘膜などを痛めつけ、
次に肌と攻撃対象が移ります。

 

アトピー皮膚炎は、この活性酸素が悪化要因の一つ
とされています。

 

 

酸性雨

 

酸性雨も危険です。

 

土壌に含まれる、水銀、アルミニウム、
カドミウムなどの金属を溶かし、
樹木を傷つけるばかりか、飲み水に混じり、
体内のでの活性酸素の、発生要因となります。

 

酸性雨により、飲み水に入ったアルミニウムが、
脳障害を引き起こす危険性は、かなり前から指摘されています。

 

 

過激な運動

 

呼吸により、活性酸素は発生します。
ということは、より多く呼吸をすることにより
活性酸素の発生量は、増えることになります。

 

より多く呼吸するとは、どういうことでしょうか・・・。

 

そうです。
運動により、激しく呼吸する・・・、
これすなわち、活性酸素を増やす要因になります。

 

運動選手の、平均寿命が短いと言われますが、
これも激しい運動により、酸素を大量に体内に、
取り入れることによる、活性酸素の発生量増加と、
関係しているのです。

 

では運動の全てが悪いのでしょうか・・・?
違います!

 

適度の運動は、必要です。
代謝を高め老化防止に役立ちます。

 

ようは、ほどほどにするのが賢明なのです。

 

 

ストレス

 

ストレスによる、血中ブドウ糖の反応により、
活性酸素が発生することが、最近わかってきました。

 

 

酒タバコ

 

アルコールが、肝臓に入ると、汗とアルデヒドから、
酢酸という物質に変えて、解裾毒を行います。

 

その代謝の過程で、活性酸素が発生します。

 

肺にタバコが吸引されると、異物除去のために、
食細胞マクロファージを動員しますが、
その過程で、大量の活性酸素が発生します。

 

 

電磁波

 

家電製品から、発せられる電磁波が、
活性酸素を勢いつかせ、体に害を及ぼすことが、
指摘されています。

 

冷蔵庫、洗濯機、テレビ、エアコンなどから、
電磁波が出ていますが、最近では電子レンジに、
電磁治療器、パソコン、携帯電話と、
電磁波の発生源となる製品が、身の回りに溢れるようになっています。

 

 

 

見逃せないのが水です。

 

カルキ臭から、ミネラルウォーターを常飲する人が、
増えていますが、やはり水道水には、気をつけたいものです。

 

殺菌に使われる塩素が、水と反応して、
次亜塩素酸という、活性酸素に近い酸化力を持つ物質に、
変化するからです。

 

また、トリハロメタンなどの、有毒物質も、
作り出してしまう恐れがあります。

 

 

食品添加物

 

現代人は、平均して1日に、70種類以上の、
食品添加物を、摂取していると言われていますが、
これも、体内での活性酸素の増殖要因となります。

 

 

残留農薬・肥料

 

最近、問題視されているポストハーベスト農薬。.

 

塗布農薬として、マスコミでも騒がれる、
農作物の収穫後に使われる農薬ですが、
さらに、残留肥料の問題もあります。

 

過剰に肥料を使う結果、農作物に、
過剰な肥料が蓄積され、それが体に、
悪影響を与えると指摘されています。

 

体内の抗酸化パワーアップで対抗力を強化しよう!

 

現代社会には、体内での活性酸素を、
発生する要因がいっぱいです。

 

活性酸素の発生にm無防備なママだと、
老化は一気に加速し、若さはみるみると失われていきます。

 

若さを保つには、活性酸素の発生を、
抑える努力が必要となります。

 

私たちの体には、活性酸素の発生を抑える、
抗酸化力が備わっています。

 

さらに、自発的な努力によって、そのパワーを、
強化することができます。

 

近年では、医学的に抗酸化パワーを強化する方法も、
増えています。

 

抗酸化力を強化することにより、
健康と若さを維持することができます。

 

40代の美肌を守るには、活性酸素と闘う、
抗酸化力が大事です。

 

美肌には抗酸化力が大事です。
でも、即効性はなかなかもとめられません。

 

そんなとき、40代の肌をすぐにキレイに若々しくしてくれるのは、
カバー力のあるファンデーションです。
上手く利用して、内側と外側両方からキレイになりましょう!