カバー力のあるファンデーション 40代

乾燥に打ち勝つには?

40代のバリア機能が低下し、乾燥している肌は、
あらゆるトラブルを引き起こします。

 

ハリの低下や大人ニキビの発生、シミ、シワ、
毛穴といった各種の悩みです・・・。

 

これらを加速させるか、改善するか。
40代の一つの分かれ目は、乾燥対策にあります。

 

ちなみに、すでに出来てしまったシミやシワ、毛穴などは、
40代ですぐに解消するのは、難しいので、
カバー力のあるファンデーションが重宝します。
無農薬栽培米を主原料とした100%天然由来のファンデーション

 

 

でも、これ以上増やさないために、予防は必須!
通常外の刺激から、肌を守るバリア機能が損なわれると、
表皮だけでなく真皮までダメージを受けることがあります。

 

特に怖いのが紫外線!

 

紫外線が真皮にまで届くと細胞が壊され、弾力が損なわれるほか、
シワになったり治すのが難しい、シミを作ります。

 

大人ニキビができやすくなり、ニキビ跡が、
消えにくくなってしまう事もあります。

 

また、乾燥肌から敏感肌に変わることはよくあり、より刺激に弱く、
痛みや赤味を伴います。

 

この乾燥対策にするべきことは「保湿」です。

 

多くの方が普段から行っていると思いますが、
それでは足りなくなった部分をどう補えばいいでしょう。

 

一つはケア全体を乾燥対策向けに変えてみることです。

 

この切り替えは何かを加えるプラスだけではなく、
何かをやめるマイナスのケアもあり得ます。

 

一定以上乾燥気味になった肌は、与えるだけではなく、
刺激を減らすことも効果を持ちます。

 

まずローションやクリームに目が行きますが、
洗う事にも注目してみてください。

 

過剰に潤いを奪わないよう、洗顔は低温の水で、
オフに使う化粧品もマイルドなものに変えてみましょう。

 

自然とメイクも肌への負担を考慮することになりますが、
低負担で仕上がりにもこだわる化粧品は日々進化しています。

 

そういった商品へのシフトチェンジも想定してみてください。
ではその他の基礎化粧品について、次にご紹介します。

40代の保湿化粧品

20代のプルプル肌から、弾力を失った乾燥肌への変化の原因として、
細胞の水分量低下とコラーゲンの弱体化があります。

 

肌細胞の水分保持成分セラミドと、真皮のコラーゲンの減少がその実体です。

 

 

保湿対策はセラミド配合の化粧品

 

水分保持成分は40代になると20代の約半分に減少します。
これを補うのは、セラミド配合の化粧品が有効です。

 

ヒアルロン酸入りなどの化粧品も表皮を保湿はしますが、
肝心の肌内部には成分が届きません。

 

 

コラーゲンの強化はビタミンC配合化粧品

 

真皮のコラーゲンは、コラーゲン配合の化粧品では強化されません。
化粧品中のコラーゲンは、保湿成分としての役割しか果たさないためです。

 

肌の弾力を回復させるための、コラーゲン強化の基本は
ビタミンC配合の化粧品であることを押さえましょう。

 

 

弱った肌には敏感肌用の化粧品を!

 

敏感肌まで対応する化粧品を、肌の不調時のために持っている、
知っている、というのは、40代の肌メンテナンス術として、
押さえておくと安心です。

 

刺激になるもの、例えば合成着色料、合成香料、アルコール(エタノール)などが
含まれない商品は、リスクが低く、肌の状態に合ったケアができます。

 

 

 

ファンデーションは美容成分配合のもの

 

40代のファンデーションは美容成分が配合されているものを選びましょう!
そして、もう一つ必須なのが、カバー力のあるファンデーションです。

 

お肌に優しくて、しっかりカバーしてくれ、しかもキレイに!
そんなファンデーションが40代には必要です。